髪のパサつきは水分と油分が大切

パサついた髪は、水分量が少ないから起こるわけではなく、根元から毛先までの神の流れ方がそろわないことを指します。その結果、髪全体の表面が滑らかに見えない状態になります。これは、癖やうねりがあったり、いたんでいる場合にも、髪内部に空洞が多かったりしても、パサつきを感じやすくなります。

 

紫外線はどうなのでしょう?夏の暑い季節、紫外線が多い季節は髪も地肌もダメージを受けます。紫外線によって、髪表面の層のキューティクルが剥がれ落ち、髪内部にまでダメージを受けます。その結果、髪の内部からタンパク質が流れ出てしまい、乾燥や色あせに繋がってしまうそうです。

 

また、ドライヤーをかけると、かえってパサついてしまうのではと心配になりますよね。しかし、根元をドライヤーでしっかり乾かすことは、髪の流れをそろえることにもつながり、パサつきを抑えることができるようです。

 

また、髪のパサつきには、随分、油分のバランスを整えるケアが効果的です。ポイントは、髪を修復する成分の入ったシャンプーで洗浄することです。そして、洗浄後、ヘアオイルなどを使って、髪表面に膜を作ること。この膜は、紫外線予防にも効果があります。

 

またキューティクルは、荒れるとリンスなどのコンディショニングの成分もつきにくくなってしまいます。荒れた髪表面のでこぼこをキューティクルケア専用のシャンプーなどを使って補修することが大切です。
水分を保つために、油分を上手に使って髪のパサつきを防止しましょう。

 

髪のパサつきを抑えるには

歳をとってくるとどうしても髪のコシがなくなってきてパサついてしまうように思います。朝、丁寧にブローしても時間が経つにつれてまとまりがなくて、明らかに元気がない髪の毛。
もう歳だから仕方ない、と諦めてしまうのは悔しくありませんか?

 

美容師さんにお話を伺ったところ、髪の毛にツヤを出すためにオイルを使ったヘア用品を使ったりする方が多いとおもいます。毎日のシャンプーやコンディショナーもなるべく高い物を使うことで効果をより得られるのでは?と思ってしまうのは自然な話だと思います。

 

しかし、その習慣ちょっと待ってください。どんな物でも与えすぎは良くないのです。髪にツヤがなくてパサつくから、とオイルを毎日のように使ってしまうと髪の毛は痛んでしまい、むしろオイルを使わない時よりもパサついてしまうとのお話しでした。

 

一般的には髪に良いというオイル製品も取りすぎることによってパサつきを
増長させてしまうなんて、お金を捨てているようなものですね。
毎日のヘアオイルを2日に1回に減らし、その代わりにシャンプー後の髪の毛は根元からしっかり乾かす事を意識するだけで、だいぶ変わってきます。

 

この髪の毛をしっかり乾かす、というのは単純で誰でもやっていると思っていると思いますが、実はここにも落とし穴。プロの目から見てしっかり乾かせてるという人は実はかなり少ないらしいです。

 

なので自分で完全に乾いたと思った所からさらに1分間はドライヤーを止めずに乾かしてあげて、仕上げに冷たい風をさらに1分間かけてあげてください。トリートメントをしたのとほとんど変わらない状態に仕上がります。
髪のパサつきに悩んでいる方は是非試してみてくださいね。

PR:エクラシャルム口コミ
エクラシャルムの口コミをチェック!ニキビケアへの効果はどうなの?